学院コレクション

■I-日本髪用櫛・笄(A) べっ甲、べっ甲蒔絵〔江戸中期・後期初め頃@〕
                              ※『玳瑁亀図説』を基本資料として分類(装身具関連資料参照)
●櫛・笄・・・一枚甲(薄櫛)
初期山高形櫛(大型、細親歯)・・・享保以前(江戸前期〜中期初め)
     
  ※第5回ゼミ      
山高形櫛(大型)
(1)幅13.5cm (2)幅14.5cm (3)幅13.8cm (4)幅12.4cm (5)幅12.3cm
         
     
櫛幅10.9cm
※第5回ゼミ
       
         

山高形蒔絵紋入り櫛(大型)
       
幅12.1cm
※第5回ゼミ
       
         

横長形櫛(利休形)(大型)
   
(1)幅○○cm
※第5回セミ
(2)幅15.5cm (3)12.5cm    

銀覆輪紋入り櫛(大型)
浮線蝶紋 藤に菱紋      
     
幅12.5cm 幅14,5cm      

●笄・・・一枚甲(薄笄)
両端丸幅広短笄
     
(1)11.7cm (2)11.5cm      
両端幅広形笄
36.5cm
※第5回ゼミ
33.3cm 32.3cm 31.1cm 25.6cm
         
         
24.1cm 22.8cm 26.7cm 28.3cm 30.4cm
         
片側一部虫喰い        
   
33.8cm 30.2cm 22.2cm    
         
片方幅広形笄
    片側一部虫喰い    
   
23.3cm 28.9cm
※第5回ゼミ
20.8cm    

鎬(しのぎ)笄→江戸中期・後期初め頃D参照

楊枝(ようじ)笄
       
25.9cm
※第5回ゼミ
       

●櫛・・・継ぎ候(厚櫛)
横長形櫛(利休形)(大型)
       
幅13.1cm        

蒔絵横長形櫛(利休型)(大型)
(2カット)        
       
K・Fコレクション
14.8cm
       


●笄・・・継ぎ甲(厚笄)

●参考品
山高形櫛(大型)
上部虫喰い
       
       
12cm        



 
著作権は、日本宝飾クラフト学院に帰属します。
本サイトに掲載されている全ての文章および画像の無断使用は固くお断りします。